カジノなどの賭博は、日本の法律では禁止されています。
では「オンラインカジノ」はどうなのか?

答えを言ってしまうと、オンラインカジノは違法でも合法でもありません。
その理由は、「オンラインカジノがインターネットで行われている」という事実にあります。

オンラインカジノについての法律は存在していない

オンラインカジノは現段階で、法律が裁く対象ではありません。
つまり、オンラインカジノを裁けるような法律自体が存在していないのです。

このことが「違法とも合法ともいえない」ことにつながります。
法律のギリギリのグレーゾーンあたりに位置している、とイメージしてください。

オンラインカジノが日本の法律に沿わない理由

そもそも賭博に関する日本の法律とはどんなものなのか

現在日本には、
「賭博罪=お金を掛ける行為そのものを禁止する法律」
「賭博場開張図利罪=お金を掛ける場所そのものを提供することを禁止する法律」
があります。

「賭博をすること」「賭博する場を提供すること」の二つに法律が関わっている状態なわけです。

「オンラインカジノは海外での賭博=罪ではない」という考え方

「オンライン上でカジノをすること」は、日本人がマカオなどへ出向いてカジノを行っていることに等しく、海外で賭博行為をすることは違法とはならないということから、オンラインカジノをプレイすること自体は、この日本の法律にあたるかというと微妙といえます。

このことに関しては、「オンラインとはいえ、日本に住んでいる限り賭博罪にあたる」という意見もありますが、「日本人プレイヤーはどこでも存在するオンライン上に出向いてマウス操作をすることでプレイしているだけだから罪にはあたらない」という反対の意見も存在しています。

現段階では、オンラインカジノの違法性を確実に説明できる根拠がない、ということになります。これが、オンラインカジノがはっきりと禁止されていない理由なのです。

違法になってしまうオンラインカジノも存在します!

オンラインカジノは賭博が合法である国で、合法的に運営されているものだけが、日本でグレーゾーンとなっています。

つまりオンラインカジノを経営している国のライセンスを取得していなかったり、日本国内で運営されているものなどは法律違反に当たるので、気を付けてください。

インターネット上という広い世界での賭博行為を自身で行うことになるので、自分でプレイする場所を徹底的に調べ、安全性を確認することが大前提です。

過去には日本人プレイヤーの逮捕もあった

オンラインカジノで逮捕されたのに不起訴となったのはなぜ?

実は、過去にオンラインカジノをプレイして逮捕された日本人も存在しています。
2016年3月での出来事で、比較的最近のニュースです。

前述したように、「日本の法律では海外で合法とされているオンラインカジノを裁くことはできない」ので、このプレイヤーも最終的には不起訴となり、疑いをかけられただけで、有罪とはなりませんでした。
この出来事が「オンラインカジノをプレイすることに罰せられることはできない」という初めての実例となりました。

オンラインカジノをプレイする際に気をつけること

オンラインカジノの一件で逮捕された日本人プレイヤーは、以下のポイントで逮捕された可能性が高く、もしもみなさんがオンラインカジノをプレイしたいと思ったら、これらの項目をしっかり頭にいれてからプレイすることをおすすめします。
・日本人向けのオンラインカジノを利用しない
・SNSでオンラインカジノをプレイしていることを自ら公言しない
・オンラインカジノで利用するプライベート情報(IDなど、個人を特定できる情報)を公開しない
・いくら儲けることができたか、など収支を公言しない

「オンラインカジノは日本ではグレーゾーン」、このことを常に意識してください。

カジノ法案でオンラインカジノの法整備が追いつく可能性も!

インターネットなど、新しいテクノロジーが誕生することで、法律もその世間の流れについていくように、新しい法律が誕生していくものです。
現段階ではオンラインカジノはグレーゾーンですが、2016年末に
「カジノ法案=カジノを含む統合型リゾート施設の整備を促す法案」が成立したことにより、国内でのカジノが解禁される可能性が高まってきました。
まだまだ先はわかりませんが、これからオンラインカジノを整備する法整備も進んでいくという予測ができますね。
オンラインカジノがさらにポピュラーになっていく可能性も大きく、これからの動きに注目せずにはいられません。

法律面での見方が理解できたら、次はオンラインカジノの運営会社について知りましょう。
⇒「安全な運営会社の見分け方はコチラ